ビッグコミック版『星を継ぐもの』 第19話&第20話感想

手抜き気味ですが、19話と20話の感想さらっと。

19話、表紙が笑えます。「娘はやらん!」という親父さんのようだ……。
内容、原作でヴィックとゾラックがあーだこーだやってたような場面は同僚たちとの会話で済まされる。残念。
ここで失った出番をオリジナル部分で補ってもらえればそれでいいんですが。

20話、相変わらず話がすっとんでます。原作で着陸後にされる話がすでに登場したり。やはり、着陸するしないで平和委員会とすったもんだがあったりするんですかね。

今のところ駆け足でストーリーを追っている感じで、登場人物の個性が発揮される場面が少ないのが玉に瑕。ある意味ハードSFらしいといえばらしいのですが、原作にあるチャーミングな部分がことごとくはずされている気も。もっと一話の分量が多ければ少しは違ったのか……平和委員会がどう出るか、オリジナルな展開の部分でどうなるかで印象は変わるでしょうけれど。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック