Laboratory Novels

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日までの「星を継ぐもの」感想

<<   作成日時 : 2011/08/01 21:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

長らくネットに接続できなかった間の感想を掲載します。

・星を継ぐもの 2話感想
 知った時には一話見逃し。私のイチオシ海外SF、J.P.ホーガンの『星を継ぐもの』シリーズ(正式には『巨人たちの星』シリーズ)の漫画版が2月からビッグコミックで連載開始していた。これを書いている時点ではネット回線が回復していてないので、ブログにあげた時点ではもっと進んでいるだろうが。

 進行早し、アレンジ有り。コールドウェルが女性になってるのね。華がないからか。原作で『長身痩躯』のダンチェッカーがちょっとゴツイ。ハントの髭は、髭を剃る場面があったと思うのでその場面対策かな。
いきなり3作目からのスヴィレンセン登場してる。原作既読者でもあっと驚くアレンジ。
 しかし、という事は3作目まではやると言う事で、ゾラックとヴィザーの出番を期待していいよね? できれば5作目までやって欲しいけど。ハード派には評判悪いが4〜5作目の方が漫画向きだし、続けて読んだ時の5作目のゾラックの行動の衝撃が凄い。まず5作目は翻訳版出して欲しいが。そんで気が早いが、漫画版〈シャピアロン〉号のビジュアルが気になります。『MISSON TO MINERVA』の表紙の宇宙船もそうなんだろうけど。

・星を継ぐもの 第3話感想
チャーリーが燃えた。でもスヴィレンセン退場で一安心? 当たり前ではあるがテレビ番組の場面見て、ダンチェッカーの癖が再現されていてちょっと感動。しかしゴツイな。
 作者の星野氏は以前もホーガンの小説を漫画化していて、作者に褒められたらしい。私は氏のSF短編集を持っていたりする。そういえば人工知能搭載の宇宙船漂流のエピソードもあったな。期待大。

・星を継ぐもの 第4話感想
ヴィックの推理から、惑星ミネルヴァの存在があきらかに。展開速いな……何といっても、もうすでにジェヴレンの名まで出てきている。架空戦争する気満々です。
 この分だと〈シャピアロン〉号との邂逅もほのぼのではなく、裏でアレコレあるようになりそうだな……。

・星を継ぐもの 第5話感想
 スヴィレンセン……というか、ジェヴレン人大活躍。平和委の権力凄過ぎ。撤退理由はそう来るか。そしてもう木星へ……進行速い? 性別が変わってもコールドウェルは食えないね。それにしても陰謀劇的な雰囲気ムンムン。
 メカデザインがいいですな。あとは流線刑のものはどうなるかなと。〈シャピアロン〉号が楽しみ。

・星を継ぐもの 第6話感想
 早くもガニメデへ。流線形の氷付けのがカラーでご登場。やはり魚系デザインなのね(ミネルヴァに鳥類いなかったし)。こりゃシャピアロン号も期待します。
 ヴィックと教授は秘密裏にガニメデへ。進行早いなほんと。

・星を継ぐもの 第7話感想
 今回は主にルナリアン時代のミネルヴァについて。
 上記の一文もあれですが、固有名詞の発音等はわからないはずではと突っ込みが入れられているところですな。でも、それは認識する側がわかればいいところなので適当に濁していい部分だと思う。ルナリアンもガニメアンも実はミネルヴァンと呼ぶのが本当だろうし。日本は日本人には日本人だけど英語圏からすればジャパニーズ。英語だと地球はアースなのに地球人はアーシアンじゃなくてテラン。固有名詞も色々ですな。ガニメアン語なんて人類には発音が難しいから、やっぱり原語じゃ別の名前だったりするかもしれんし。
 チャーリーとコリエル、やはり絵が着くと親近感が湧くというか、日本人的な外観に見えるというか。ところでコミックス発売日が決まったようですな。是非購入したいところ。

・星を継ぐもの 第8話感想
 続いてチャーリーの手記。原作一番最初のシーンが描写されてちょっと感慨深い。
 これをネットに記載した段階では発売済みだろうけれど、コミックス発売日は6月30日ごろだそうで。その関係上、次で一作目が完了する可能性が高いとか……? 区切りは気にせず、じっくりできるだけ長くやってほしいものだけれど。
 今更だけれど原作では一作目の舞台が確か2029年だったか。漫画では205X年。あと20年足らずじゃそこまでいかんと。そして2500万年→100万年くらいに圧縮されていますな。ちょっと残念なような、でも現実的っぽい数字にしたいのもわかるような。

・星を継ぐもの 第9話感想
 ガニメデ行きまでの間のあれこれ。巻頭カラー。
 もうコミックス発売直前ですが、コミックス1巻分=原作1巻分でもなさそうな……しかし、どんどん原作部分を先行しているのでどうなることか。ジェヴレン人達の陰謀劇に時間が割かれたりするのだろうか。

・星を継ぐもの 第10話感想
 恐竜の話。原作にはない部分まで踏み込んでいます。原作が書かれた当初は存在しない技術や新説があるから、当たり前と言えば当たり前か。

・星を継ぐもの 第11話感想
 やっとブログ掲載日に追いつきました。前回の続きで、新説進化論。その仮説が支持される中、次回いよいよガニメデに着くっぽいですな。意外に進行がのんびり目になってきたかも?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
今日までの「星を継ぐもの」感想 Laboratory Novels/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる